女性化乳房の原因について

精神的なストレスも大きい

ホルモンバランスが乱れると起こりやすい薬の副作用によって起こることも精神的なストレスも大きい

東京豊胸まである(言いたいだけ)

— koki(チェン) (@koki_425) 2018年8月2日
男性の場合は、女性に比べて乳腺自体が小さく皮下脂肪も少ないため、皮膚や筋膜に浸潤しやすいです。
そのため、もしも発症した場合には女性以上に早く進行して行きます。
もしかしてと思ったら早めに病院に行くようにしましょう。
特に多いのが胸の膨らみであり、しこりや痛み。
この3つ以外に稀にですが乳輪の周辺にかゆみを感じたり赤くなったりと皮膚炎を伴うこともあります。
手術により乳腺を除去してやれば症状は改善するはずです。
直接的に感じる痛みやかゆみ以外に、男性でありながら女性のように胸が膨らんでしまうというと精神的なストレスも大きいです。
特に思春期で発症した場合にはプールに入ったり、修学旅行で着替えたり一緒にお風呂に入ったりということが難しくなりますし、夏になると特に制服を着ていてもばれるのではないか・Tシャツ一枚でいられない、など日常生活を送るのに支障が出てきてしまうのです。
走ったり飛んだりして痛いのであれば体育の授業も大変です。
同級生とのふざけあいの中で手が当たって痛みが発生する以上にばれてしまうのではないかという恐怖もあり、学校に行くこと自体が困難になることも。
ホルモンバランスが落ち着けば治っていくのかもしれませんが、今の生活を守るためにも早めに治療は行なった方がよいでしょう。