女性化乳房の原因について

ホルモンバランスが乱れると起こりやすい

ホルモンバランスが乱れると起こりやすい薬の副作用によって起こることも精神的なストレスも大きい

女性が女性らしく、男性が男性らしくなるのは育てられ方もありますが、やはりどちらのホルモンが優位に立っているか。
女性であれば女性ホルモンが、男性であれば男性ホルモンが多く作られているのです。
とはいえ、女性であっても男性ホルモンが増えると体毛が濃くなったり、皮脂分泌が多くなったり、体臭が強くなったり、抜け毛が多くなったり、おじさんっぽさが出てきます。
一方、男性の場合、女性ホルモンが増えると逆に体が女っぽくなり、女性化乳房という症状が起こることも。
女性でもないのに胸が膨らんできてしまうのです。
特に思春期や更年期の時期はホルモンバランスが乱れやすく、女性化乳房は起こりやすいです。
乳リン部分のみ膨らむ場合もあれば大きく発達することも。
左右均等に膨らむ場合が多いものの片方のみ膨らむことだってめずらしくはありません。
肝機能が低下することで起こる場合もあります。
通常であれば、男性が分泌した微量な女性ホルモンは肝臓で分解され、男性の体にそれほど影響を与えないままに終わるのですが、肝機能が低下していると女性ホルモンが十分に分解されなくなるのです。

豊胸 東京女性 - Wikipedia